Cass's Hawaii

ハワイ中心の海外旅行記です🌺あくまでもローカル度に拘り、いかに日本人観光客に会わないかを(笑)モットーとした滞在スタイルを毎回目指しています😊

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜ANA『NH216 羽田便』機内 他

復路も『ビジネスクラス』です。

シートは、往路と同じ「3A」にしました。

嫁も、往路と同じ「5A」です。

「アメニティ類」も当然ですが往路と同じです。「ポーチ」の色まで同じでした。

今回も、早く乗り込んだので ^ ^ まだ機内はガラガラです。

混んで来る前に、さっさと寛ぐ為の身支度とか済ませちゃいたいんですよね(^^;

CAさんが忙しくないうちに、無料レンタルの『室内用のANAオリジナルカーディガン』を頼みたいって言うのもあります…

復路も往路と同じ位の搭乗率でしょうか…

最終的に、大体7〜8割程が埋まった感じです。

(定番の)『ウェルカムシャンパンとオレンジジュース』が来ました。

僕も(定番の) ^ ^「オレンジジュース」をチョイス。

 

…では…サヨナラ「フランス パリ」…(つД`)ノ

…いつかまた…再び訪れる日まで……

…離陸直後の暗めな写真ですみません…

 

どうやら、復路は「南ルート」のコースなようです。

その方が「偏西風」の恩恵を受けながら飛べるからなんでしょうね。

…「北ルート」の「北極圏まわり」の方が、往路で見逃した『オーロラ』を見れるかもと期待していたので残念です…

 

機内食(ディナー)です。

先ずは『アミューズ

飲み物は、往路同様「ペリエ」にしました。

続いて『前菜』です。

「フォアグラのテリーヌ」ですね。

『メイン』です。

「牛ヒレステーキの和風ガーリックソース」。

『デザート』

ハーゲンダッツのアイス」とコーヒーです。

チョコもどうぞって事で頂きました。

 

機内食後は、何となく映画とか観たりスマホの写真整理したり…ダラダラ過ごした後、シートを「フルフラット」にして寝ました……

 

数時間寝た後目を覚ますと、もう朝になったのか…明るくなり始めてました。

「朝日が出そうなこの感じ」…ハワイに向かって飛んでる時の、段々と明るくなって朝日が見えそうで見えない「あの早朝の景色」を見ているようで、何か嬉しくなりました!

東に向かって飛んでいるので時差の関係で既に明るくなって来てますが…まだまだフランス時間では「夜中の設定」らしく…ブラインドが自動的に暗く調節されてしまいました……

ただ、最初は自動で暗くされてるとは気付かなかった為、一瞬明るくなったものの、また「夜のエリア」に入ったのかな…(・_・; なんて思ってました……

飛行ルートを見ると、真っ直ぐに西に向かって飛んでいる訳ではなく、多少「南に行ったり北に行ったり」しながら進んでいるので、普通にすんなり明るくなって行かないのかも……なんて勝手に解釈していたんです…(⌒-⌒; )

…ブラインドが暗いままで写真を撮ってみました。

独特な雰囲気の写真が撮れたんじゃないでしょうか…

 

…また寝ようかと思いましたが、目が覚めちゃいました……

トイレに立ったついでに、嫁を激写!( ͡° ͜ʖ ͡°)

…良く寝てやがる……

 

トイレから出るとCAさんが、頼んでもいないのに「何かお飲み物でもお持ちしましょうか?」…と声を掛けられました。

…せっかくなので、頂く事にしました。

何がおススメかと聞いてみると、「木苺の香りがする紅茶があって、それが美味しい」…と。

CAさんの間でも1番人気なんだそう……

…では、その「CAさん達のおススメ」の紅茶を頂く事にします(^^)

…確かに美味しい!

しっかり「木苺の香り」がします!

飲みやすいし、アロマ的で気に入りました。

ちなみに、メニューの紅茶欄には「木苺…」とは書いてませんでした。

この青い袋に書いてある「スチュアート セイロン」なんだと思います。

 

…またうとうとしてみたり、ボーッとモニター観たり…かなりゆっくり出来ますし、それはそれで良いのですが…やっぱり15時間は長いですね……

 

…何か…お腹空いちゃったんで『好きな時に頼めると言うメニュー』の中から「牛丼」を持って来ていただきました。

なかなか美味しいです!

熱々だし、量も小ぶりで間食にはベスト。

薄味派の僕ですが、味付けも濃過ぎずちょうど良かったです。

 

…またウダウダしながら、モニター観たりスマホいじったり、寝ながら「ストレッチ」してみたり……

足元がモニターの下に来るので少々狭いですが、行ける範囲でストレッチ出来ました…(⌒-⌒; )

 

機内食(朝食)です。

『和朝食』

焼き鮭も身が厚めでふっくらしていて中々美味しかったです。

味噌汁もちゃんとしていましたし、食堂で朝の定食を食べてる感じで良かったです。

…これでご飯が茶碗に盛られた「炊き立て」なんかだったら最高でした!(贅沢ですよね…)

 

…ようやく、羽田上空に戻って来ました…

無事着陸!

長旅でしたが…ゆったりしましたし、食事も堪能しましたし「快適な空の旅」だったんではないでしょうか…(^^)

 

…さて、日本入国に際して「所定の手続きを簡素化する」為に、事前の「ワクチン接種等の登録」が必要になります。

従来の『My SOS』に変わり、ちょうど我が家の帰国日あたりから『Visit Japan Web』なるものに変更になったんです。

パリ滞在最終日に、我が家ではこのWebサイトに所定の登録を済ませておきました。

登録を進めて完了すると、上記のような『審査完了 青』になります。

現地から搭乗する際も、この画面を見せろみたいに書いてありますが、そちらは必要なかったです。

また、上記の3つの項目が全て『登録済』『審査完了』になればOKです。

1番下の「検査結果証明書」は「ワクチン3回目以上」済ませていれば必要ありません。

 

…これらを日本入国時に提示すれば大丈夫ですし、係の方々が沢山いて誘導や説明もしてくれますので、待つ事も無くスムーズに進み速やかに終了して良かったですε-(´∀`; )

 

…3年半ぶりの「海外渡航」…

コロナ関連の事等、不安もありましたが…やっぱり「国際線」での「海外旅行」は刺激的ですし、色々な意味で「新鮮」でした!

今後は、以前のように『自由に海外に行ける世の中』が続く事を切に願います ( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜シャルル ド ゴール空港『エールフランスラウンジ』

では、ラウンジに入ります。

綺麗で広々した感じで良かったです。

空いてます!(^-^)v

静かな雰囲気ですし、窓が全面にあるので明るくて外の景色も(飛行機も少し)見れて良かったです。

奥行きもあります。

椅子やソファも沢山あるので、何処に座ろうか迷っちゃいます(⌒-⌒; )

1番奥にはフードやドリンクのカウンターがあります。

フードコーナーです。

「サラダ類」が並んでます。

「チーズやハム類」「パン」や「ドーナツ系」厚さは薄かったですが「パンケーキ」もあります。

「ヨーグルト」や「チョコレートケーキ」「プリン」や「ババロア」などのデザート類。

「ワイン」や「シャンパン」とか色々…

「缶ビール」や「ソフトドリンク類」。

「カボチャスープ」や「キッシュ」、奥には「バケット」や「フルーツ類」。写真には写ってませんが、「ハンバーガー」もありました。

…うーむ…平均ラインだとは思いますが…7年前の利用時の方が、メニューがもっと豊富でしっかりした「1品料理」が何品もあったような……

他のターミナルの「エールフランスラウンジ」はまた違うメニューなんでしょうか……

いずれにしても、「コロナによるマイナスの影響」は少なからず受けているんでしょうね…(-。-;

 

…取り敢えず、ひと通り(全てではありませんが)持って来ました。

…では、いただきます!(*^▽^*)

…にしても、空いてて良かったわぁ〜。

結構広いので余計にゆったり出来ます。

椅子の感じが何となくお洒落な感じで、「ANAラウンジ」とはまた違う雰囲気でいいです(^^)

「デザート類」と「コーヒー」もしっかりいただきます。

 

…ゆっくり食べて、ゆったりして……そろそろシャワーを浴びに行きたいと思います。

「夜便」ですし、搭乗前にサッパリしておきたいですしね(^^)

入口のレセプションデスクに申出ると、案内してくれました。

この時にたまたま空いていたのが、「車椅子等の方用」のシャワーブースだったんです。

…なので、中がかなり広くなってます。

車椅子の方が座ってシャワー出来るように折り畳み式の椅子が設置されてます。

…にしても、シャワーとトイレが近過ぎて便器やその周辺がビショビショになっちゃいました……

とにかく、殺風景なシャワールームです。

「アメニティ類」も殆どありませんし、ホントに「ハンディキャップの方々用のトイレの個室」でシャワー浴びているような感覚です…(⌒-⌒; )

ただ、シャンプーとボディーソープは「クラランス」でしたので、そこだけは良かったです。

シャワーを浴びてラウンジに戻ると、もう暗くなって来ました。

…そろそろ、搭乗口に向かいたいと思います。

搭乗口へ向かう途中も、更に免税品のショップが並ぶ道を(半強制的に)通らされます(笑)

その後も搭乗口に向かう通路に沿って、ショップが点在してます。

ようやく着きました。

ANA『NH216 羽田行き』「18:40」発です。

傍には、復路でお世話になる『B787-9』がスタンバイ。

…また「15時間半程」の長旅になりますが、ゆっくり楽しみたいと思います!

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『シャルル ド ゴール空港』第2ターミナル

帰国日です。

飛行機は「18:00台」ですが、早めに空港に行って今回も「ラウンジ」でまったりしたいと思います(^^)

タクシーで楽に行こうかとも思いましたが、時間もたっぷりあるので「空港シャトルパス」を利用してみます。

 

ホテルから1番近くだと「オペラ座」の裏手にバス停があります。

この乗り場は、有名デパート「ギャラリーラファイエット」の前ですし、滞在中何度も前を通っているので迷わずに済みました。

空港直行の『ロワシーバス』に乗ります。

乗ってしまえば、あとは空港まで連れて行ってくれるので楽です(^-^)v

当然始発なのですが、車内は結構混んでます…

ブログ等で、乗客の皆さんキチンと並んでいるわけではなく(そもそも何処にどう並ぶのか分からない…)適当にまわりに集まってるだけなので、バスが来ると一斉に乗り込もうとするから気を付けて!…みたいな投稿をいくつか目にしていました。

乗り遅れないよう出来るだけ前方で構えてて正解でした。…無事座れて良かったです!

…途中、渋滞もなくスムーズに『シャルル ド ゴール空港』に到着!

今回「ANA」は「第2ターミナル」になっております。

余裕を持ち過ぎて、早く着き過ぎてしまったようで ^^; まだ「ANAカウンター」がオープンしてなかったので、仕方なく「マクドナルド」とかでお茶しながら時間潰してました…

あまり早過ぎるのも無駄のようです…(⌒-⌒; )

「15:00」頃になって、ようやくオープンしました ε-(´∀`; )

では、さっさと出国しちゃいたいと思います。

「イミグレ」は超ガラガラで良かった。

出国手続きも『コロナ前と何ら変わりなく』、あっという間に終了。

ここからは「搭乗口のあるターミナル」まで空港内の「シャトル」での移動のようです。

飛行機も見れるし、僕的には良かったです(^^)

2〜3分で到着しました。

エスカレーターを上ると、「セキュリティチェックゲート」が見えて来ました。

…そう言えば、まだ「手荷物検査」してなかったですしね。

ここでようやく「制限区域内」に入り、自由の身となりました(⌒-⌒; )

中は広々としていますし、とても綺麗です。

…やっぱり「化粧品関係のお店」が沢山あります。

免税になってるでしょうし、搭乗口に向かう途中も「最後の買物」をさせようとした作りになってるんでしょうね。

…さっ、我が家はエレベーターで上に上がり「ラウンジ」へ行って何か食べたいと思います。

ちなみに『シャルル ド ゴール空港』には『ANAラウンジ』は無いので、『エールフランスのラウンジ』を使える事になっています。

スカイチーム」のエールフランスのラウンジを「スターアライアンス」のANA便利用者でも使えるのはありがたいです(^^)

…以前、この空港の「エールフランスラウンジ」を利用した時とは場所もターミナルも違うので、広い空港ですし数カ所あるんでしょうね。

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜セーヌ川遊歩道散歩と『ひとり青天を衝けごっこ』(笑)

『サントシャペル教会』を後にして、「セーヌ川」まで歩いてみたいと思います。

以前から「セーヌ川沿いの遊歩道」をのんびり歩いてみたいと思ってたんです。

遊歩道は川沿いにあちこちありますが、その中で僕が今回是非訪れてみたいのは…2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』で主人公「渋沢栄一」が「徳川昭武のパリ留学」に家臣の1人として同行していたパリ滞在中、ドラマの中で何度か出てきた「セーヌ川沿いの風景」の場所なんです。

…その場所を、あらかじめ日本出発前に探して突き止めましたので行ってみました(^^)

 

この場所です。

僕が突き止めたセーヌ川沿いの遊歩道から左手方向を見た風景です。奥に見えるのは「ノートルダム大聖堂」です。

ドラマの録画と見比べても同じ景色で、まさにこの場所だと確信しました。

…ただ、現在は「ノートルダム大聖堂の修復中」なので工事の様子が目立ってしまい、そのせいでドラマの「幕末頃のパリ」とはその分だけ違う感じになっちゃってるのが唯一残念なんですが……(⌒-⌒; )

この場所は、ドラマの中でも何度か出てきただけでなく「父、徳川斉昭の死去」により水戸家を継ぐ事が決まり、急遽日本に帰らざるを得なくなった「徳川昭武」が「渋沢栄一」と2人でこの遊歩道を歩きながら「この景色も見納めだな……(ため息)」と言ったシーン。

 

更に右手方向を見た、この「セーヌ川に架かる橋」の風景…

ここは…「徳川昭武」が「渋沢栄一」に帰国に際し不安な気持ちを打ち明けるシーン。

…折りしも、日本では「新政府軍」と「旧幕府軍」が激しい戦いを繰り返している最中……

「昭武」を演じる「板垣李光人」がセーヌ川の橋を見つめながら、「栄一」を演じる「吉沢 亮」に向かって呟く……

「渋沢…私は……日本(ひのもと)に帰るのが怖い……」。そして振り返り、後ろにいる栄一を見つめながら…「水戸に戻っても私のそばに居てはくれぬか……」と、問いかけるシーン。

…栄一は、じっと昭武を見つめたまま…頷くわけでもなく、首を横に振るわけでもなく、ただ無言で立ち続けていました…

…最後に、スッと目線を右下に落とすと…昭武も悟ったのか、フッと微かに諦めの笑みを浮かべ…振り返り、また橋を見つめる……

 

…ちなみに僕も明日、日本に帰国するので「この景色も(今日初めて見たのに…w)見納めだな……」な心境なんです…(^^;

…そこで…折角ドラマと同じ景色を見ている場所に来てるんだし…周りにも人がいないし(何処行っても人が多いパリですが、ここら辺りは閑散としてた)……そこで、今横にいる嫁に「渋沢役」になって貰って『1人青天を衝けごっこ』なるおバカな遊びをしてみる事に……٩( ᐛ )و

呆れる嫁を「ただ後ろで僕を見つめて突っ立ってるだけで、セリフは一切ないから!」などと無理矢理説得して ^^; こちらを見る角度で斜め後ろに嫁を立たせて1人芝居スタート!

 

昭武(板垣李光人)になりきり ^^; セーヌ川の橋を見つめながら「渋沢…私は……日本(ひのもと)に帰るのが怖い……」……そして(渋沢役の)嫁の方に振り返りながら「水戸に戻っ…………え"ーっっ!」こっち見てねーし!( ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

「オイっっ、何処見てんのー!」

「あっ……超〜可愛い子犬連れたお洒落なマダムが歩いてたから…」

「はぁっ?…渾身のセリフも聞いてないんかーい!」

 

…さすがに「Take2」をやってまで続ける気にはなれず ^^; 「くだらない茶番劇」はおしまいです…

…嫁いわく、「そもそも、小さな声でボソボソ言ったって何言ってるか良く聞こえないよ!」…だそうです。

……良く考えればそりゃそうだわな……屋外だし、TV撮影と違って「マイクもない状態」で呟くように喋ったって、よほど直ぐそばにいないと良く聞き取れない…かぁ……(˘・з・˘)

 

…くだらない事で長居してしまいました…

さて、では「その橋」を渡って最寄りの駅まで歩いて取り敢えず「オペラ駅」まで戻りたいと思います。

オペラ座」前に帰って来ました。

…今日は朝から結構寒かったですし、何か温かい物でも食べたいと思います。

嫁が調べたところ、この近くにローカルや観光客に人気の「うどん屋さん」があるそうなので、取り敢えず向かう事に…

店の前に行ったものの、満席でしかも外には行列が出来てました!

…日本で食えるような物を、寒い中並んでまで食べなくてもいいよね…って事で、ここはパス。

…でもお腹空いてますし、早く何処かに入りたいと思ってた矢先…直ぐそばに「タイ料理レストラン」を見つけました。

中を覗くと、窓際のテーブルも空いてましたしタイ料理も久しぶりなので(店員さんもタイ人のようですし)、入ってみる事にしました。

メニューを見ると結構本格的なラインナップです!これは期待出来そうです(^^)

頼んだのはこの3品。

タイ料理の定番「パッタイ」(タイ式焼きそば)

人気メニューだそうです。

確かに旨い!(๑>◡<๑) かなり本格的です!

「スパイシーなサラダ」と「グリーンカレー

この2つも旨い!パリにある店だから「なんちゃって」かと思ってましたが、良い意味で期待を裏切られました(^^)

本場そのままな感じで、かなり辛いですし味も本場モンです!

オペラ座」からも近いですし、味も本格的で値段もリーズナブル。

…ここはおススメだと思います。

 

…明日は「帰国日」かぁ……(˘・з・˘)

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜ステンドグラスが凄い『サントシャペル教会』

今日は、圧巻の「ステンドグラス」で有名な『サントシャペル教会』に行きます。

ガイドブック等でも紹介してますし、SNSでも皆さんおススメしていたので是非見てみたいと思います。

昨日2階建てバスの中から見た「ノートルダム大聖堂」のすぐ近くにあるそうです。

「時間指定の予約」をしてないので、せめて「朝イチ」で入ろうと思います。

途中、周りにも人がそんなにいないようなので写真とか撮りながら……

…と、余裕こいてたら…何と!入口前には既に凄い行列が!!

うわぁ〜 (゚o゚;; これはかなり待つ事になるわぁ……しかも、ちょうど建物の陰になってて日が全然当たらなくて寒い!

時間指定どころか、チケットすらまだ買ってない我が家にとっては二重に待つ事になるって事か……(~_~;)

 

…かなり不安でしたが…意外にも進みが早く30分弱位で中に入る事が出来ました ε-(´∀`; )

これは、まだ本堂ではありません。エントランスみたいな所です。

でも、ここでも結構良い雰囲気出してますよね。

 

ここから階段を上がって2階に行くと、メインの『超ステンドグラス』満載の本堂が………

 

うわぁーっ!!凄いじゃん!!

本当に『360度ステンドグラス』です!

1つ1つが天井の方まで伸びています。

綺麗〜〜(*^▽^*)

ステンドグラスで壁が全て隙間なく埋め尽くされています!

コレは圧巻だわぁ〜!

こんな教会は、世界中探してもココだけなんじゃないでしょうか……

写真ではお伝えしきれなくて残念です…

ここの教会は是非、実際に行って直に見ていただきたいと思いました。ブログ等でも皆さん「このステンドグラスは必見すべき!」と強く推していましたし…

 

…我が家も含めて観光客の皆さま、当然ながらスマホで写真撮りまくり…(^^)

…誰も「お祈りなんか」せず ^^; 無言で「パシャパシャ」……

僕が気付かなかっただけかもですが、そもそも「祭壇」ってどこよ?…って感じです。

 

演出の1つなんでしょうか、ずっと静かなBGMが流れてる…

「ステンドグラスを魅せる」完全に「観光客の為の教会」って感じです。

…地元の「敬虔なクリスチャンとか」…おそらく「ゼロ」…(^_^;)

 

かなり圧倒されましたし、充分堪能させていただきました。

…こんな教会訪問も、また貴重な体験ですね。

 

 

 

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『2階建てバスで市内観光』

さて午後は、これも1度やってみたかった『2階建てバス』に乗って市内観光をします(^^)

我が家の住んでいる東京都心でも(コロナ前は特に)『2階建てバスの都内観光』の光景は毎日のように目にしていたんです。

楽しそうだな〜と思いつつ、でも地元を観光してもしょーもないよなぁ…(^^; などと思って諦めていました。

…以前、1度だけ香港で体験した事はあったのですが…今回は「主要な観光名所を」殆ど回りながら、パリの美しい街並みをたっぷり堪能出来るのでとっても楽しみです!

コース上にバス停はいくつかあり、自由に乗り降り出来ます。

今回は、宿泊しているホテルから1番近かった「オペラ座」の裏手のバス停から乗ってみました。

おぉー、イイ感じ。視点が高いから歩いて見て回るのとは違って何か新鮮!車に乗って走りながら見るのって気持ちいいかも。

…建物の「彫刻」が近い!(*^▽^*)

オープンなのも解放感あるし、360度見渡せるのは有難いです。歩きながらじゃ、人混みをキョロキョロしながら歩けないですしね…(^^;;

…さぁー、今回の記事は景色の写真満載で行っちゃいます(^^)

先ずは「オペラ座」から真っ直ぐに伸びている道を直進するようです。

高い所から歩いている人混みを見下ろすのって、何となく優越感でイイ気持ち……

そのまま直進すると有名な「ルーブル美術館」に突き当たります。

このホテル、そのルーブルの目の前だし超一等地だし…いいな…お高いんでしょうね…(⌒-⌒; )

ルーブルの建物の中を突っ切って行くようです。

ルーブルの敷地内の広いエリアに出ました。

あっ、中庭の「ガラスのピラミッド」が!

…周りは凄い人集りです…

右手側は、昨日来た「コンコルド広場」のあたりですね。

ルーブル美術館」のこの辺りは、建物が歴史的で敷地も広くて素敵です。

セーヌ川沿いを走ります。

…うーん!歴史を感じる建物が多いなぁ…パリは。

セーヌ川と遊覧船とお城みたいな建物……イイ。

バスからだと一気に色々な所に行けて、観光名所だけじゃなくパリの街そのものの姿が掴めて良いですね。

おーっ「ノートルダム大聖堂」!

まだ修復中の為、中には入れないのですが…周りには沢山の人が……(・・;)

シテ島」のエリアに来たんですね。

パリは、この「シテ島」から始まったとか……そのように聞いた事があります。

再び「セーヌ川」沿いを走ります。

本当にパリは、絵になる建物が多いわぁ。

有名な「シャンゼリゼ通り」に入って来ました。

正面には「凱旋門」が!

昨日、端から端までガッツリ歩いて写真も撮りまくりましたが、2階建てバスの上からだと視点が高いからやっぱり感じ違いますね。

凱旋門」をグルっとひと回りするみたいです!

…これは車やバスに乗って見ないと出来ない体験ですね!(^-^)v

うぉぉ、近ぇ〜!

彫刻の迫力が伝わります!

凱旋門」の真ん中から「シャンゼリゼ通り」を逆方向に見るなんて…(^^)

…にしても、人多いなぁ…

この「凱旋門」から伸びる道沿いの公園…空港からの「ル ビュス ディレクト(直行バス)」の停留所なんですが…7年前のパリ到着日、飛行機に酔って体調悪いままバスに乗って案の定酔ってしまい…我慢出来なくなってバスから降りるやいなや、路上に派手に○○してしまいました……(−_−;)

11月下旬で寒かったし、オマケに雨も降っていて体調絶不調で最悪……

ライトアップされた「凱旋門」が印象的でしたが、チラ見しただけでそれどころじゃなかった恥ずかしい思い出……(⌒-⌒; )

僕を放ったらかしで、興奮してバシバシ写真を撮りまくっていた嫁が記憶に残っています(-。-;

 

…話が逸れました…(^^;;

シャンゼリゼ通り」を戻りまして、観光はまだまだ続きます。

先程の「シャンゼリゼ通り」のバス停で結構降りる人がいたので車内は多少空いて来ました。

「好きな所で乗り降りし放題」なのは良いですね!

おーっ「エッフェル塔」が見えます。

おそらく今から向かうのでしょう(^^)

…来ましたね!ここも昨日の朝、歩いて見に来た場所ですがバスで走りながらだと更に気分イイですね。

ホントにこのツアー「主要な観光名所」は、ほぼ網羅してるな…かなり「お得で楽で尚且つ時短」な観光手段だと思います!

うぉぉ、バスの上からだとより近くに見える…

…割と写真を掲載させていただきましたが、まだまだ半分位しかお伝え出来なく残念です…

所要時間もたっぷり「2時間半弱」かかりますから、かなり満足出来る内容かと思います。

我が家は、1回も降車せずに最初から最後までひと回りして出発点の「オペラ座」に戻って参りました。

たっぷりとパリの街並みや観光名所を堪能出来ましたし、とても楽しかったです。

…寒い季節や真夏はちょっと厳しいかもですが、季節を選べば是非1度体験していただきたいと思います!

「夜の部」もあるので、ライトアップされた観光名所や街並みを楽しむのも、きっと素敵でしょうね。

…次回は、是非「ナイトツアー」に参加してみたいと思います。

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『クリニャンクール蚤の市』

パリには代表的な「蚤の市」が3つあると知り、その中でも最大の規模を誇る『クリニャンクール蚤の市』に行ってみました。

場所はパリの北に位置するようで、地下鉄4号線『Porte de Clignancourt(クリニャンクール)駅』または13号線『Garibaldi(ガリバルディ)駅』が最寄り駅となります。

開催日は、毎週「土、日、月の10:00〜」だそうですが、気まぐれな店が多く時間通りにオープンするとは限らないそうです…(^^;

駅からは意外と歩きました…

途中迷って…違う方向に行きかけたりもしましたが ^^; 基本的には駅前の大きな通り沿いに真っ直ぐ進む感じになります。

道沿いに沢山の「露店の店」が出ていますが、それらは「蚤の市」とは違うそうです。

寄り道せずに一直線に進みます…(⌒-⌒; )

 

…ようやく「蚤の市」の一角に到着したらしいのですが、早く着き過ぎちゃったみたいで…殆どの店が閉まってます…

…天気は良かったのですが、この日は少々寒かったんです…

タイミングよく開いているカフェを見つけたので、暖を取りながら段々と店がオープンして来るのを待ちたいと思います。

パリに来てから、毎日あちこち動きまくっていたので(それはそれで充実してましたが…)、こんなのんびりした日もアリかもです(^^)

 

10:30頃になったので、そろそろ散策したいと思います。

月曜日は、土日に比べて閉まってるお店が多いんでしょうね……少し閑散としてます…

…今回、この蚤の市で「コーヒーカップ」と「フォークやスプーン等のカトラリー類」を是非ゲットしたいと思って来たんです…

お洒落なヨーロッパっぽい(笑)コーヒーカップとかに出会えると良いのですが…(^^;

 

『VERNAISON』とか言うエリアに入ってみます。こちらの方が広くてお店の数も多そうです。

狭い路地が沢山ある迷路みたいな感じのエリアに小さなお店が軒を連ねている感じです。

…でも、同じようなお店が多いなと言う印象です。やはりこのエリアも月曜日だからなのか閉まってるお店がチラホラ見受けられます…

可愛いお店(^^)

雑貨系の店が割と多く、多種多様な物が売ってます。

中には個性的なお店もあって、興味をそそられます。

ポット専門店?1つのジャンルに特化したお店もあります。カラフルで綺麗……

お目当ての「カトラリー類と食器の専門店」も何店舗かありました。

…ただ、なかなかピンと来るコーヒーカップに出会えず…(たまにイイなと思っても、結構高額だったり、何点かセットになった販売のみになっていたり…) …なので諦める事にしました…

閉まっているお店がもっと開いていれば、見つかったかもしれないのですが…(๐•̆ ·̭ •̆๐)

仕方なくカトラリーだけ買って帰る事にします。

 

大きくて立派なのに価格も1本「5ユーロ」でしたし、ヨーロッパっぽく?模様とかも凝っていたので買っちゃいました…(^^)

…結局、今回買ったのは「フォークとスプーンを2本づつ」だけです…(⌒-⌒; )

またいつか来る事があれば、次回は土日に来て更にしっかり物色してみたいと思います。

 

さて、お昼過ぎになったので何か食べてから帰りたい思います。

先程お茶したカフェのすぐ近くにちょうどレストランがあったので(お腹も空いていましたし他に探して歩くのも面倒だったので)、そこに入ってみたいと思います。

ピザがメインのお店のようです。

例によって我が家は「禁煙席希望」なので、必然的に店内の奥の禁煙席へ。

中は割と綺麗なお店です。

肉系が食べたかったので敢えてピザ類は外しました。

「ステーキとポテトのセット」

コレ、結構美味しい!お肉の焼き加減も味付けも丁度イイ。乗ってるバターもGood !

ポテトも、熱々だし表面カリッ、中はホクホクで旨い!

「トマトとモッツァレラチーズのパスタ」

これも美味しいです!

パスタの茹で加減も丁度良いし、味付けもイイ。

上に乗ったチーズも合います。

…この店、ただのピザが売りのレストランかと思ってましたが、それ以外のメニューも多いですし全体的にレベル高いかもです。

 

…何げなく入った店が「当たり」でした(^^)

一旦、ホテルに戻ってから午後の予定に参ります。

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『サンジェルマンデプレ教会』& 『シャンゼリゼ通り散歩』

さて食後は、この近くにある『サンジェルマンデプレ教会』を見学します。

この地区の観光モデルコースにも紹介されてますし、せっかくなので寄ってみたいと思います。

ここも無料なので良かったです ♪

…にしても、パリに来てから「教会」ばっかり行ってるな…オレら……(^^;;

大体同じような造りな事が多いので…若干、見慣れて来た感が……

…でも、やっぱりいいですね!天井も高いし、中に入ると神聖な雰囲気と言うか気持ちが引き締まるような……

ここは空いていて良かったです。

蝋燭がカラフルで綺麗……

定番のステンドグラスも多数あります。

ひと通り見学して…やっぱり手を合わせてお祈りして(正式なやり方は知りませんが)、ここでも自己満足…(^^)

…ひと回りして、しっかり堪能して出て来ました。

少し街を散策しながら歩きます。

パリのカフェやレストランは、殆どの店が軒先に屋外のテーブル席があり、多くの人で賑わってます。

…それはお洒落な感じだし「パリぃ〜」って雰囲気でいいんですが(笑)、前回も書きましたが「喫煙可だし(˘・з・˘)」…どの店も「隣のテーブルと近すぎて」ゴチャゴチャしてる、座ってる客達の「直ぐ近く(ヘタしたらぶつかりそうな位)」を通行人が大勢通る!

ひどいケースだと「車道スレスレで」車がバンバン通ってる!(゚o゚;;

…これじゃ落ち着いてお茶や食事なんて出来やしない……そう思いました…(−_−;)

 

まぁ…それがパリの文化なのでしょうか…

でも…コロナ禍の中、ちょっと怯んでしまいます……

 

まだまだ日も高い時間ですし、せっかくなので敢えて途中下車し『コンコルド広場』から有名な『シャンゼリゼ通り』を歩いてみたいと思います!

…昨日、一昨日に引き続き、結果的に今日も沢山歩く事になっちゃいました…(⌒-⌒; )

コンコルド広場』

観光名所ですね(^^)。広々としてて気持ちいいです。

すぐそばには、これまた有名な『ルーブル美術館』があります。

…今回の旅では、ルーブルはパス。

7年前の訪パリ時に、隅から隅までじっくりと堪能させていただきました…(*^▽^*)

…そう…あの時はパリで「テロがあった」その直後だったのでガラガラだったんです(^-^)v

有名な「モナリザ」も、人もまばらだったので「真前の真正面で」穴が開くほど見つめてきました(笑)

 

この『コンコルド広場』から言わずと知れた『シャンゼリゼ通り』が真っ直ぐに伸びています。

遠くの正面に観光定番の『凱旋門』が見えます。

…では、ここから『シャンゼリゼ通り』を通って『凱旋門』まで歩いてみたいと思います!

…1番メイン的なエリアは何度か散策してますが、1度この通りを端から端まで歩いてみたかったんです!(๑•̀∀- )و

…ここから見た時は「並木道を気持ち良く歩いて」割と直ぐ着いちゃうのかと思ってましたが…実際歩いてみると、最初の方は対して絵にもならず…遠くに見えた「凱旋門」もなかなか近付かない…(-。-;

歩き始めてから少し後悔……(^^;;

 

おっ、お花いっぱいで可愛い売店

…近づくにつれ、歩いてる人も多くなって来ました。やはり、道沿いにお店が立ち並んでくるエリアになると観光客も増えて来るようです。

 

凱旋門」も、ようやく近づいてきました!

皆さん「正面に捉えた写真に撮る」為に、青信号の度に「通りの真ん中にある路肩の所」に行ってスマホを構えてました。…我が家も負けじと一緒になって……(⌒-⌒; )

 

「ルイヴィトン本店」と「ディオール」の建物が隣あってます。

ディオール」の建物は「改装中」だったのですが…それでこの外観!綺麗ですし、敢えて改装中を感じさせないようにしてる姿勢が凄いです!

「ルイヴィトン本店」もかなり人が並んでました!本店のみ日曜日も営業してますし、ここでしか買えない物もあるのでお目当ての観光客が沢山来るのでしょうね。

 

…にしても、「凱旋門」が近いこのエリアあたりからの人の多さは凄い!写真は撮ってませんが、かなりの人だかりです。

 

ようやく、「凱旋門」の麓に着きましたぁ!

良く歩いたわぁ〜〜

すぐ着きそう…なんて軽く考えたのは甘かったです。(^◇^;)

ん〜、やっぱデカいなぁ…彫刻も凝ってるし威厳があります。

エッフェル塔」と並んでパリの象徴ですもんね…

せっかくだから屋上に上ろうとも思いましたが、混んでるし…疲れたので ^^; やめておきます……

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜コスパ良しの『サンデーブランチ』

さて、お昼前ですが早めのランチに行きたいと思います。

特に予約はしていませんが、今日行こうと思っていたお店(嫁がSNSで見つけてきた)に向かいます。

日曜日だけの『ブランチメニュー』があるそうで、それを目当てに行ってみたいと思います。

ここからなら、隣駅の「Mabillon(マビロン)駅」から直ぐなので近くて良かったです。

 

店名は『Le MABILLON』

…やっぱり外の席は「喫煙席」なので、我が家は必然的に「店内の禁煙席エリア」になっちゃいます…

ホントは外の席の方が、やっぱり何となく「パリっぽくて」いいんですけどね……

そのお目当ての『ブランチメニュー』です。

結構品数もあっていいんじゃないでしょうか。

値段も「日本よりも物価高のフランスで」飲み物も2種類付いて「23ユーロ」なら許せる範囲の価格かと……

パンは、1人2種類。バゲットと、もう1つはクロワッサンかチョコクロワッサンから選びます。

ジャムやマーマレード、バターが付きます。

 

数種類の「メインのセット」が来ました。

綺麗で上品な感じです。

飲み物とパンも一緒に並べると、結構豪華な見映えではないでしょうか(^^)

具体的には「左上から時計回りに」、『ベーコンスクランブルエッグ』、『カッテージチーズとグラノーラ』、『オーガニックなキヌアの上にマンゴーとフェタチーズ(羊か山羊のチーズ)が乗ったサラダ』、『アボカド乗せトースト』、『季節のフルーツサラダ』、『スモークサーモンのクレープ』。

全体的にヘルシーな感じの内容ですし、素材にもこだわってそうな丁寧な作りのメニューです。

…一見、男性には量的に足りないかなぁ…と思いましたが、意外にも結構お腹いっぱいになり少しだけ残してしまう位でした…(⌒-⌒; )

 

…パリに来てから、初めて「らしい」と言うか「フランスっぽい系(笑)」の物を食べれて満足です(*^▽^*)

飲み物も付いてましたし、結構ゆっくりと時間を過ごしながらマッタリしたいと思います。

 

 

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜ローカルに大人気『奇跡のメダイユ教会』

さて、この後は今回行ってみたかった『奇跡のメダイユ教会』と言うローカルに大人気の教会を見学します。

そこで購入出来る『オリジナルのペンダントトップ(メダル)』をゲットする事が目的なんです。

最寄り駅の、地下鉄10、12号線「セーヴル バビロヌ駅」で降ります。

駅からすぐに有名な観光客御用達デパート『ボンマルシェ』があります。

後ほど、自宅用も兼ねて「バターとかチーズ」を物色したいと思います。

 

その『ボンマルシェ』の隣に、今回お邪魔する『奇跡のメダイユ教会』がひっそりと佇んでいます。

良く見ないと通り過ぎてしまいそうですが、訪れる人が割と多いので、すぐ分かって良かったです。

入口は小さいですが、奥行きがあって中に広がっている感じです。

…当然ながら、こちらの教会の方が遥かに前からここに存在していて、まわりのお店等は後から出来たので立地的に隣接しちゃうのは仕方ないですね。

この柱に貼ってあるシスター『カタリナ・ラブレ』が、1830年聖母マリア』から「メダルを作って人々に配りなさい」とお告げを受け、その通りにしたところ「パリで流行していたコレラが激減した」そうです。

その後、そのメダルを手にした人に「奇跡が起こる。幸せが訪れる」と広まって、恵みをもたらすこのメダルが世界中で有名になった。…というエピソードがあるそうです。

芸能人や有名人の間でもメダル保持者はそこそこいるみたいです。

『ヴィンセント・ドゥ・パウロ』。

この教会を創設したカトリックの司祭です。

まだ空いているうちにメダルをゲットしたいと思います。

沢山売ってます。大きさによって値段がちがいますが、「1番高くても日本円で(しかも円安でも)数百円」ですから大変良心的です。

…やはり、元々の始まりが『人々に配った(与えた)物』と言う「施し的な形」なので、「販売」って言うニュアンスではなく『お分けする』『万人が手に入れ易くする』ようなスタンスなんでしょうね。

色も何種類かあるようです。

金だったり銀だったり、グリーンやブルーで覆われている物など色々選べるのはいいですね。

…でも迷っちゃうなぁ…(⌒-⌒; )

身に付けやすいように「ペンダントトップ」になってますが、最初からチェーン付きの物もあります。

メダルの他にも「ロザリオ」なども売ってました。

ちなみに、このメダル…『他人から貰った方が』よりベストだそうです。

なので、我が家では「それぞれが買ってお互いにプレゼントしあう」形を取りました…(^^;

 

では、本堂の中に入ってみましょう。

ちょうど『ミサ』が始まったばかりなので、僕達も迷わず参加してみました。

かなりの人です!

日曜日だと言う事もあるんでしょうが、この写真を撮ったのは「3階の座席」からなんです。…つまり、1、2階席は一杯だから3階に行くように係の人に言われました。

皆さん、熱心に歌を歌ってます。

我が家は今回もまた、厳かな気分になりながら「雰囲気だけ堪能」させていただきました(^^;

「ミサ」が終了すると、皆さん1列になってシスターから「小さくて極薄のビスケット?のようなもの」を順番に有難そうに貰ってます…(・_・;

…キリストの「汝に施しを」…みたいな思想の表れなんでしょうか……

すかさず我が家も一緒に並び、両手でお椀を作るようにして、有難く頂戴してまいりました…(⌒-⌒; )

「何でも体験してみたい我が家」ですから……

 

…ようやくチャペル内が空いて来たので、祭壇の前に行って『マリア様』のパワーを頂きながら良く見学します。

変に派手さが無いところが、かえって神秘性が増します。

下に横たわっているのが『聖ルイーズ・ドゥ・マリヤック』と言う修道女。

でも、コレは「人形」です。

…ホンモノは、こちらです!

実物の『聖カタリナ・ラブレの御遺体!』が横たわっています!!

聖人の遺体は腐敗しないと言われているそうですが…おそらく彼女だけが特別なんでしょうね…

聖母マリア』から直接「ご指示」を受けるほどの、いわゆる『選ばれた人間』なのですから。

僕達も、他の信者の方々を見習って「膝まづいて」手をあわせてきました。…神聖な気持ちになりながら……(⌒-⌒; )

 

先程購入した『メダル』……聖職者である「シスター」に『メダルに直接触れていただいて祝福していただく』とメダルの効果がよりアップすると聞きました。

我が家が帰ろうとした時に、ちょうど「シスター」が通りかかったので…咄嗟に笑顔で駆け寄り両手でメダルを差し出すと、言葉でお願いせずとも直ぐに勘づいてくださいました。

すると、微笑みながらメダルを持った僕らの両手に触れながら『手を翳して祝福の言葉をかけて』くださいました。

年配のシスターでしたが、目がとても優しくて綺麗なとても柔らかい雰囲気の方でした。

…フランス語でしょうし何を言っていたか全く分かりませんでしたが、きっと我が家に恵みをもたらせてくださるようにと祝福してくださったのでしょう…(^^)

今回買ったメダルです。

嫁は「白地に金」の物を。

僕は1つに絞れなくて「白地に金」と「グリーン」の両方を買いました。

家にあったチェーンに付けて身につけていますが、その日の気分によって付け換えてます(^^)

小さいブルーの物は「愛犬の首輪」に付けてます。

裏面(どちらが表か分かりませんが)は共通で、こんな感じになってます。

「十字架はイエスキリスト」を。「Mの文字は聖母マリア」をあらわしているそうです。

 

このメダルは、いわゆる「普通のお守り」のような「ご利益が…」とか「願い事を叶える…」などと言う物ではなく、『窮地に立たされた時に救ってくれる…』守り神的な感覚で常に身に付けておく物だそうです。

 

「シスターの祝福」も授かったし ^ ^ 末永く大事にしたいと思います!

『奇跡のメダイユ教会』…伺って良かったです。

貴重な体験と、素敵な授かり物を手に入れる事が出来ました。

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『エッフェル塔鑑賞』他

4日目の朝です。今日も良い天気な1日になりそうで良かった!

今日の午前中は『エッフェル塔』をじっくり外から鑑賞(中の展望台から眺望を楽しむのは、以前訪れた時にしているので)した後、お土産品を安くゲットする為『問屋さん的なお店』に行ってみる予定です。

 

エッフェル塔を『外から見る』スポットとして良くおススメされているのが、『トロカデロ庭園』や『シャイヨ宮のテラス』です。

朝イチの出来るだけ空いているうちに、地下鉄6号線か9号線の「トロカデロ駅」に到着。

駅前に『トロカデロ広場』があり、その目の前に『シャイヨ宮』と言う大型展示場のテラスがあります。

目の前には『エッフェル塔』がそびえ立っています!

…確かに皆さんがおススメしてる通り、ここは特等席です!テラスも広いので開放感もあります。

朝イチなので、人もまだそんなにいないみたいで良かったです。

…ただ、工事中なのか…目の前に壁が立ち並んでいて、ちょっと残念な写真に……

続いて、ここから階段を下に降りて、もう1つのベストスポット『トロカデロ庭園』へ。

イイ感じです!(*^▽^*)

噴水池(水は出てませんでしたが)とのコラボが良い雰囲気を醸し出しています。

…ここも朝だからなのか、まだ空いていて良かったです。

この「2つのベストビュースポット」は「エッフェル塔」から「セーヌ川」を挟んで対岸にあるんです。

 

…ではここからゆっくり歩きながら「セーヌ川の橋」を渡り今度は「エッフェル塔」の反対側から眺めてみたいと思います。

途中の「セーヌ川の橋」の上からの眺めを堪能しながら、旅行の間「愛犬を預かってくれている母」に犬の様子を伺いついでに電話してみました(^^)

…この写真も直前に送っているので、状況が良く分かると笑ってました…

 

…そんな事はどうでも良くて ^^; 『エッフェル塔』の麓にやって来ました。

やっぱり近すぎると見上げる感じになっちゃうので(東京スカイツリーと同じですね(^^;)、先程のスポットのような場所がやっぱりベストかなぁ……

オープン前にもかかわらず、中に入場する為の行列を横目に先に進みます。

 

反対側に来ると、広大な芝生の『ジャン・ド・マルス公園』があります。

以前訪れた時に「展望台から見た景色」で、この芝生の公園が綺麗で印象に残っていたので次回は実際に来てみたいと思ってたんです!

…こちらからのビューも先程に劣らずイイ感じです!(*^▽^*)

広い芝生が広がっていてベンチもあちこちにあるので、お弁当を持ってピクニックとかもいいんじゃないかと思いました。

…飲み物や食べ物を持って来なかったのが悔やまれます…(⌒-⌒; )

 

では、そろそろ『エッフェル塔』を後にしまして、お土産を物色しに『問屋みたいなお店』とやらに行ってみたいと思います。

ここからなら歩いても行けそうなので、散歩を兼ねて向かいたいと思います。

『Confiserie en gros』

「菓子卸」と言う意味だそうです。

嫁が仕入れてきた情報によると、チョコレートやお菓子類が安いんだとか……

入りにくい感じのお店ですが、せっかく来たんだから入って確かめてみましょう。

…店内の写真を撮り忘れちゃったんですが、嫁いわく確かに観光客が良く利用するようなデパートやスーパーよりは若干安いようです。

…ただ、驚くほど激安と言う訳でもなさそうなのと、品数が少ないのでイマイチだと言ってました。

また「1つあたりの量が多い」商品が中心で、普通のスーパー等で売っているような単品的な商品が少なかったのが残念だったらしいです…

わざわざ行ったのですが、結局何も買わずに出て来てしまいました…

SNS等でこの店の情報を得た内容とは、たまたまなのか時期なのか…若干違っていたようで期待外れでした…( ´_ゝ`)

 

このお店がある「Dupleix(デュプレ)駅」のガード下に、日曜日だからなのかローカルな「マルシェ」がやっていたので寄ってみました。

ローカルな雰囲気でいいです!

…ここは観光客は殆ど来ないでしょうね(^-^)v

ウォー、旨そうー!

朝だから作り立てっぽいです。

そろそろお腹空いて来てたから…ヤバいです…

…食べたいなぁ…でも、この後行く予定のあるランチのお店が控えているので…こんなん食べちゃったらなぁ…お腹いっぱいになっちゃうでしょうから、細長いソーセージを1本だけ買い2人で摘む事にしました…

結構、美味しい!

…店員さん…1本だけじゃ可哀想だと思ったんでしょうか…短めのヤツを1本オマケしてくれました…(^^;;

 

マルシェは、ガード下を結構長く続いています。

長居し過ぎてしまいそうなので…ランチに行く前に今回行ってみたかった『ローカルに大人気の教会』に向かいたいと思います。

 

 

 

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『モンマルトルの丘』散策 ⓶

あまり混まないうちにと思い、朝から『サクレクール寺院』見学を済ませたので(我が家が帰る頃は、入口前に並んでました!)、お腹が空いて来ました…(^^;

…少し早めのランチにしたいと思います。

 

サクレクール寺院』のまわりには、結構カフェ等の飲食店があちこちにあって、見てまわるのも楽しいです。

…ただ、フランスに来てからパンだのチーズだの、そういう系の物しか食べてないので ^^; 何軒か店内を外から覗いてみたり、メニューとかの看板を見たりしてみたのですが、あまり食べたいと思えず価格も結構高かったので…結局『ベトナム料理の店』で食べる事にしました。

ベトナムは、かつてフランスの植民地だった事もあってパリにはベトナム料理店をそこそこ見かけます。

…店名を忘れてしまいすみません。

オープンしてすぐだったので、他に客はおらず空いてて良かったです。

ビーフのフォー』

パリに来てから汁物を食べてなかったので、温かかくてとても美味しく感じました(^^)

もう1品は『牛肉炒めとチャーハンのコンボ?だったかな…』

これも美味しくて食べ応えもあります。

…値段も比較的リーズナブルでしたし、久々に満足した食事だったような気がします(^^)

 

…さて、では街を散策してみたいと思います。

坂道が多い街だなぁと言う印象です。駅からもずっと上り坂でしたし、寺院や飲食店周辺も坂道だらけです。

かつて芸術家が多く住んでいた影響でしょうか。建物の壁とかちょっとしたところに『アート』を見る事が出来ます。

今思うと、もっと時間をかけて「街角アート」を探して歩いてみれば良かったです…(´・_・`)

どんどん上ってみます。結構な階段です。

開けた場所に出てきました。かなり賑わった雰囲気です。

あちこちで絵を描いてくれる画家の人達が多くいて、描いて貰ってる客の姿もチラホラ見受けられます。

中央にオープンのレストランみたいな場所があって、こちらも盛況です。

まわりにもお洒落なカフェやレストランが軒を連ねていて、なかなか良い雰囲気です。

…さっき食べちゃって、お腹いっぱいだからなぁ…(⌒-⌒; ) お茶だけでもしようかと思いましたが、どの店も混んでいたのでやめておきます……

小さな教会があったので見学してみました。

名前は忘れちゃいましたが…中は重みがあって神聖な佇まいです。

キリスト教信者ではないですが、教会を見つけると何となく入っちゃいますね…

普段日本では全く興味が湧かないのに…(^^;

教会の外に、「チョコレートドリンク」のお店があったので、カフェに寄る替わりに利用してみました。

結構美味しいです!

店員さんがこちらに住んでる日本の方でした。「日本の方ですか?」と話しかけていただきました。

聞けば、まだまだ日本からの観光客は少ないそうです……

リラックスしながら会話して感じたのは…乗り換えの「フランクフルト国際空港」も含めて、パリに着いてからようやく他人と日本語で喋れる安心感、ホッと感……(^^;;

…さすがに3年以上ぶりの海外は、久々過ぎて外国語で過ごす事に疲れていたところです…

…コロナ前は、敢えてそのようなシチュエーションを好んで楽しんでいたのに……

…沢山のお花があしらわれたカフェ。…とても綺麗で目を惹きます。

パリって、そこらじゅうに「カフェ」があるなぁと感じました。

でも、何処も混んでる印象ですし、テーブル同士の感覚が狭すぎる気が……

店先の席でお茶とかしたいんですが、ほぼ全てのお店が『喫煙オッケー』なんですよね…(。´xω×)

タバコを吸わない我が家には「煙くて不愉快な思いをしながら」お茶や食事をするのは…やっぱり…ヤかも…(๐•̆ ·̭ •̆๐)

 

…昨日に引き続き、今日も良く歩きました。

でも散策しながらですし目に入るもの全てが新鮮なので疲れはあまり感じません(^^)

昨日に引き続き今日も良い天気で良かったです!

…7年前に来たパリでは、雨の日が多くて殆ど散策出来なかったので、今回は出来るだけパリの街並みを楽しみたいと思います。

…「タルト」美味しそうだったので、買って帰ります(*^▽^*)

 

 

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『モンマルトルの丘』と『サクレクール寺院 』⓵

今日は、『モンマルトルの丘」散策と『サクレクール寺院』を訪問してみます。

ホテルの最寄り駅「Villiers」から「2号線」で1本で10分程で着くのでアクセスは良いです。

まずは『サクレクール寺院』に行きたいと思います。

丘の街なので坂道が多いようです。駅から坂道を上がって行きます。

サクレクール寺院』に続く上り坂沿いにお土産屋さんが沢山ありました。

このスィーツ屋さん、なかなかいい感じです(^^)

商品も可愛いですね。

…他にも色々なお店があります。

ラベンダーの小袋がいい感じ。

…あちこち寄り道してると、遅くなっちゃうので ^^; 先に進みたいと思います。

 

お土産屋さんの坂道が終わると、眼前に『サクレクール寺院』がそびえ立っています。

白くて綺麗で存在感があります。

ここから階段を上って行きます。…結構長そうですが頑張ります!(⌒-⌒; )

階段上りたくない人には(身体的に無理な方も含めて)、「ケーブルカー」もあるのでそちらを利用されると良いと思います。

…やれやれ、第1段階終了です。

ここから、更に階段が続くようです…

ここまで来ると、結構見渡す事が出来てなかなかの眺望です!

…もう少しです。

だんだん人が多くなってきました…

先程より更に高いところからの眺望です。遠くの方まで見渡せてパリの街が一望出来ます。

「観光用のトラム」が走ってました。

あれに乗れば楽ですね(^^)

ようやく寺院の入口まで到着しました。

早速入ってみましょう。

ここは「入場無料」で良かったです。

中に入ると、いきなり「ステンドグラス」が綺麗……

フランスに来るのは「7年ぶり」だし、普段東京では教会なんぞ行かないので ^^; 何かとても新鮮です。

キリスト教会って…雰囲気が独特で神聖な気持ちになりますね…

…で、何処の教会もそうですが、やたらと蝋燭が灯されてるのが心惹かれます…綺麗……

いくつも「像」や「ステンドグラス」があって…つい見入ってしまいます…

天井とかにも芸術的な宗教画が……

「セント ミカエル」。以前『モン・サン・ミシェル』で見た事があります。

ちょうど「ミサ」が始まったので参列してみました。神父さんのスピーチがあり、シスターの讃美歌に合わせて参列者の方々も歌ってました。

僕たち2人は歌えないので(フランス語だし)、ただ座ってただけです…(^^;;

…雰囲気は充分に堪能させていただきました!

 

…さて、教会を後にし『モンマルトル』を散策してみたいと思います。

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『パリディズニーランド』と『ディズニースタジオ』

日の出が遅いらしく、朝の6:00頃はまだ暗いようです。

今日は、『ディズニーランド』&『ディズニースタジオ』に行きます。

『往復の送迎バスと2パーク入場券』のツアーを日本で申込んでおきました。

 

朝の8:00過ぎに集合場所の「Opera(オペラ)前」に到着。ようやく薄明るくなって来たようです。

8:15頃バスが到着。

これに乗ってしまえば、ディズニーまで連れてって貰えるのは楽でいいです(^^)

パリ中心部を走っている間は、窓から景色を見る事が「ちょっとしたプチ観光」になって朝から楽しい!

途中特に渋滞とかもなく、約1時間程でディズニーに到着しました。

平日にもかかわらず結構な人です!…なんでも「10月下旬の2週間位」はフランス人にとってゴールデンウィークのような休暇期間なんですって。帰省したりする人も多いとか…

…確かに、事前に調べたところ10月中旬までは入場料が安い時期だったのに「中旬過ぎ以降は1番高い設定」になってました…

…どおりで人が多い訳だ…写真にはあまり写ってませんが、かなり混雑している感じです!

…口コミとかでは東京ディズニーリゾートよりは空いてるって聞いてたのに…(この時期は繁忙期なんですね…)

…気を取り直して楽しみたいと思います。東京でもディズニーランドは10年以上行ってなかったですから、超久しぶりで嬉しいです。

 

…まずは2パークのうち、『ディズニースタジオ』から。

今回は、1日で2パークまわらなきゃならないので『特に乗りたいアトラクション』だけに絞って行動する予定です。

…時間的な問題もありますが、この混雑では全て並んで乗るのは不可能でしょうし体力的にも無理があります…(−_−;)

調べたところ、従来あった『ファストパス』がなくなり、『プレミア アクセス』なる「有料の優先搭乗券」に変わり、1アトラクションにつき『平均15ユーロ』位はかかるそうです…(-。-;

…なので、アレもコレも乗ろうとすると大変な金額になっちゃいますので ^^;「ホントにコレだけは外せない!」ってものに厳選しなければなりません……

中に入ると、東京ディズニーランド隣の「イクスピアリ」の奥にあったような感じで、フードコート等も入っているようです。

まず最初に向かったアトラクションは『アベンジャーズ アッセンブル フライト フォース』です。

『今年の7月』に出来たばかりの『最新アトラクションで』勿論日本にはまだありません。

…これは乗らなきゃ!って事で、『プレミアアクセス』で優先搭乗チケットをスマホからゲットしてみました。

…さすがに「待ち時間ほぼ0」であっと言う前に乗れちゃいました!(^-^)v

乗る前のこんな写真しか撮れなくてすみません。

とにかくこのアトラクションは凄い!今まで乗った「絶叫系」の中で1番怖かったです!

「スペースマウンテン」と「超ハード系のジェットコースター」をミックスした感じで、いきなりロケットスタートの如く『急加速』したあと(ここで一気に90kmまで加速します!)、真っ暗な中を「右に左に上下に…更には1回転」と、とにかく体を激しく揺さぶられ、その度に強烈な『G』がカラダにのし掛かる……

せめて明かりがあれば動きの予測が出来るのですが、暗闇の中いきなりガツンと衝撃が来るのでカラダへの負担がハンパないです…Σ\(OωOlll)

…何か…何も見えない状態で拷問を受けてる感じで…これでもかと、コテンパンにやられたイメージです…(。´xω×)

…嫁は終始大声で叫びまくってました…(^^;

 

終わったあとは、2人でグッタリ……

しばらく休憩です…(⌒-⌒; )

もう一つの大人気絶叫系アトラクション『クラッシュコースター』も乗りたかったんですが、「ウルトラ超並んでいましたし」、さっきのせいで軽く酔ってもいたし ^^; また優先搭乗券の為にお金使うのもヤダなと思い、早めに「ランド」の方に移動する事にしました。

…こちらも凄い人です!写真は撮っていませんが、人で溢れています…

何処に行っても人が多いですし、案内板等が不十分(不親切)なので結構迷いましたし…ネットを使ったりもしましたが、やっぱり分かりにくく……右往左往する感じで殆ど写真とか撮っていません…

そんな中、また厳選して『プレミアアクセス』を購入すると決めたのは『ハイパースペースマウンテン』です!

…結論から言いますと…これも超怖かったです!

東京ディズニーランドの「スペースマウンテン」のパワーアップバージョンで、倍ぐらい強烈でした!

実際スピードは、ほぼ倍の約90kmが出ているそうです…(・・;)

スタート直後はそれほどハードではなかったんですが、一旦停止して……やっぱり『急加速』してメインが始まります!

ただ、斜め上に向かって打ち上げるような形です。…その後は、先程のように暗闇を『右に左に上下に1回転』と振り回らせる感じで…『アベンジャーズ……』と似たような感じでした。

…乗った途中から、「またコレ系かい!…」と後悔しながら揺さぶられてました…(⌒-⌒; )

…嫁も、再度しこたま絶叫しながら半泣き状態……(^^;;

…いやぁ〜、また2人してフラフラになってしまいました……

 

ディズニーランドの象徴『シンデレラ城』。

全体的にピンクで、また東京とは感じが違いますね。

お金を使って乗ったのは合計2つだけに留め、後は仕方なく並んで乗りました。

ホーンテッドマンション』や『カリブの海賊』は、多少違うものの殆ど東京と変わらず…

スターツアーズ』も、東京とストーリーは違いましたが同じような感じ…

インディージョーンズ』は、ここのは「コンパクトなジェットコースター」になっていて東京とは違いました。

結局、乗ったのはその位かなぁ……

…写真…殆ど無くてすみません (>人<;)

…このソフトクリーム、可愛い。なかなか美味しかったです。

 

…まーとにかく人が多くてごった返している1日でした。…やっぱり時期が悪かったのかなぁ……

あとは、先程も書きましたが、あっち行ったりこっち行ったりで迷って歩き過ぎてヘトヘト……

後でスマホの万歩計見たら、『3万歩近くも!』行ってました!!(−_−;)

 

気づいたらもう日暮れどき。

夜のライトアップが綺麗なのは東京と同じです。

ちなみに、お土産に関しては東京に比べて種類が全然少ないかも…(特にお菓子系とか)

 

…楽しかった反面、疲れた…迷った…人に酔った?みたいな1日でした…(^^;;

…あと、気付いたのはよく見るとゴミが落ちていたり全体的にあまり綺麗じゃない印象を受けました……

東京ディズニーリゾートの方が清掃を徹底してるし、キャストもホスピタリティに溢れてる気がして演出的にも「上な気がしました」。

アトラクションのパワーは桁違いなんですけどね…(^◇^;)

2022、10月 フランス(パリ)旅行 〜『MERSON両替所』で両替 他

ユーロの現金がないので、取り急ぎ『両替』に行きたいと思います。

…どこで両替をしたら少しでもお得なのかと調べたところ…『MERSON両替所』を推している方が多かったので、ホテルの最寄り駅からも地下鉄1本でアクセスも良かったですし、早速向かいます。

 

ホテルから徒歩3分位の最寄り駅『Villiers ヴィリエ』から地下鉄3号線に乗ります。

ここから10分程なので割と近いです。途中駅には有名な「Opera(オペラ)」の駅もあります。

 

その両替所のある『Bourse(ブルス)』駅に到着。

「1番出口」から徒歩わずか3分です。

 

ありました。ここです。『MERSON(メルソン)両替所』

「営業時間は18:00まで」なので、まだやっていて良かったです ε-(´∀`; )

今回「少額両替」なので、どの程度お得になるのか分かりませんが…当座必要な『ユーロ』をゲットしたいと思います。

中は、窓口が幾つかあって小さな銀行みたいな感じです。

空いていたので、直接窓口に両替を申し出る形で大丈夫でした(混雑時は違うのかも知れません)。

ちなみに、今回は『USドルからユーロ』への両替です!

…「超円安」なので「円で1万円両替」すると(その時のレートだと)『68ユーロ』位にしかならないんです!

『ドルで100ドル分両替』だと『98ユーロ』位になります!

…全然違うので、そのようにしました…(^^;

「ドルの現金」を少しだけ持っていたので、両替用として「100ドルだけ」日本から持って来たんです。

基本的に滞在中は「クレジットカード」を使う予定なので、現金しか使えないような所のみの対応として「最低限の両替」で充分なんです。

 

この店は、街中にある簡易的な両替ブースだったり、窓口があるだけの両替コーナーと違って、ちゃんと建物の中に窓口のあるタイプなので、現金を受け取った後に室内でお金を整理したり財布やカバンに入れたり出来るので安心な点もオススメです。

 

ホテルの最寄り駅に戻り、今夜の夕飯と滞在中必要な物(ペットボトルの水とか)を買って帰ります。

駅のすぐ近くにこんなものが……何気に綺麗です(^^)

駅から1〜2分の所に、有名なスーパーマーケット『MONOPRIX(モノプリ)』がありました。

これも事前に『Google Earth』でリサーチしておいたので、すんなり見つけられました。

こちらの「食料品館」の他に向かいには「服や日用雑貨館」があって便利です。

…結局、滞在中はほぼ毎日立ち寄って食料品を調達してました…

…何せ超円安の折、貧乏旅行なので…外食を控え出来るだけホテルの部屋で食べてました…(^^;;

お惣菜やサラダ系、パンに塗るチーズとかオリーブオイルとか。

あと、ペットボトルの水(1.5L)は必須です。

「4本パック」とか「6本パック」の物がお得なので、まとめて買ってました。

…あとお水に関しては、冷えた物だと高くなるそうです。お店の奥の方にある常温のものを選んだ方が安いみたいですよ!

 

この「モノプリ」がある通りは、地元の商店街のような感じで飲食店やお惣菜屋さん、八百屋さんとかスィーツ系やパン屋さん等…が沢山ありますので、食料調達には助かります。

ホテルのまわりも含めて、あちこちに『カフェ』や『パン屋』があるので何かといいです(^^)

綺麗なお惣菜屋さんで、夕飯の1品を買ってみました。

 

ホテルのフロントが混んでいたので、ラウンジで少々休憩…(⌒-⌒; ) 手前には先程買った6本パックのミネラルウォーターがあります。

 

…さて、部屋で早めの夕食を済ませたら…明日は少々朝早いので、なるべく早く寝ようと思います。